アルミ缶アートへの高校生の熱い想い 応援させていただきます!!

  • miyako
  • 04/25/2016
  • アルミ缶アートへの高校生の熱い想い 応援させていただきます!! はコメントを受け付けていません。
  • ブログ

3月11日、東北、関東地方を襲った「東日本大震災」。未曾有の被害をもたらした今回の地震、静岡県沼津市にある桐陽高校の生徒も心を痛めた。自分たちになにができるのか、当初は戸惑うばかりだったという。それでも、「何かしなければ」「何かしたい」という思いは日に日に高まり、生徒会を中心に募金活動を実施。全ての生徒、教職員が協力した。

さらに同校生徒会は、復興支援のためのビッグプロジェクトを企画した。それがアルミ缶約3万個で描いたリサイクルアート。6月4日開催の同校文化祭「第26回桐陽祭」で来場者に披露した。

同校では、1995年から98年まで「リサイクルアート」を実施。昨年12年ぶりに復活させた。ハイチ地震被災者支援を目的に企画したもので、空き缶約1万5千個でナスカの地上絵を描いた。

今年も全校生徒がアルミ缶回収に参加。コンビニエンスストアなどに協力を呼び掛けたり、歩道や側溝に捨てられていた泥だらけの空き缶を集めたりして、昨年の2倍となる約3万個を回収し、一つずつ丁寧に水洗いした。

そして全校生徒665人が協力し、同校の駐車場で空き缶を並べ、日本列島と被災地の東北を中心に全体を照らす真っ赤な太陽と、助け合いの心を象徴した握手の絵柄に「がんばろう!日本!」の文字を添えた。文化祭に来校した保護者や地域の人々は、縦20メートル、横15メートルのビッグサイズのリサイクルアートに驚くと同時に、被災者に向けられた生徒の思いやりの心に感動した様子だった。

生徒の活動を見守った担当教員は「微力ではあるが、生徒一人一人が汗を流し、汚れた缶を拾い、洗うなど、自分の手を汚すことによって生まれた復興への思いは、生徒の貴重な財産になったはず」と話す。

なお、使った空き缶は文化祭終了後、リサイクル業者に販売し、収益金全額と文化祭の模擬店やバザーの売上金の一部を加えて、被災地支援のための義援金として贈ることになっている。

(2011年7月掲載)

このような活動をされていることを先日知り、入学してまもない一年生が必死にアルミ缶を集めています。微力ながら応援させていただきたいと思います。

期間限定 5月いっぱいMiでもアルミ缶回収受け入れをいたします。

アルミ缶であれば、大きさは問いません。洗って乾いた状態にして持ってきていただけると助かります。

すでに潰してしまったものでも、寄付できるそうなので、皆様 ご協力よろしくお願いします。

沼津市の桐陽高の生徒が5日までに、約5万個のアルミ缶を使用した巨大地上絵を校内駐車場に完成させ…
WWW.AT-S.COM



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

記事をご覧いただきありがとうございます。
あなたの想いを形に
三島柄 三島のお土産なら
三島大社近く Design comu Mi